Kindle の話、続編。(前回はこちら)

Kindle 買ったんですが、なんせバリエーションが多すぎて選ぶのに迷ったんです。最終的に Kindle paperwhite の 白の Wifiモデルの キャンペーン情報つき、というを買ったんですけど、それを選ぶまでに考えたことのメモ。

Kindle paperwhite か 無印 Kindleか

まずはモデル。Oasis とか Voyage とかはちょっとお値段的に高すぎ圏外だったので、paperwhite か 無印かで検討。差額は 5300円。

この2モデルの大きな違いは、解像度とフロントライトがついているかどうか、です。解像度については実物を見比べてないので分からないのですが、フロントライトについてはアリの paperwhite を買って自分としては正解でした。暗いとこでも読めるの、デカかったです。寝る前に布団の中で読めるというのもあるし、ちょっと外光が暗くなったなという環境でも、なにも気にせずに読み続けられるというのもストレス低い。

というわけで paperwhite にしてよかった。

paperwhite かマンガモデルか

perperwhite にも2種類あって、ノーマルとマンガモデルってのがあります。マンガモデルはストレージが 4GB→32GBへと4倍に。差額2000円。

僕はマンガあんまり読まないので別にええかなーということで、通常モデルにしました。通常でもテキストのみの本なら1000冊とか入るそうなので、マンガ読まないならこれで十分です。このへんはスタイルによりますね。

キャンペーン情報つきか、なしか

キャンペーン情報つき/なし、というのを選べます。差額2000円。ていうか細かく選べすぎて困る。

本体の電源を切ったときに、キャンペーン情報、ひらたくいうと Amazon の広告が表示されるのがキャンペーン情報つきモデル。広告がでないのがキャンペーンなしで、2000円高くなるかんじ。

個人的には別に広告出ててもいいし、自分にお薦めの本とか紹介してくれるんならむしろ良いねと思ったのでキャンペーンつきにしました。これで2000円浮いたので2000円分本を買える。

Wifi か 3Gつきか

本のダウンロードがどこでもできる3Gモデルか、wifi のみのモデルか。差額 5200円。けっこうな金額。

まあ家で本をダウンロードして通勤中に読めればそれでよかったので、wifiモデルにしました。外で本をダウンロードして今すぐ読みたい!ってシチュエーションもそんなに無さそうだったので。あと、3Gモデルだとブラウザとかも使えるみたいなのですが、それはむしろ無いほうがいいなと思いました。読書しかできない(=読書以外の機能に浮気できない)状況がよかったので。スマホでの読書だとついついSNSなどに浮気してしまってな……

ボディカラーは 白か 黒か

まだ選択肢がある。

ボディは白か黒か。これは単純に好みで白にしました。なんとなく、白のほうがタブレット感が減って書籍っぽさが増すかなと思ったので。

まとめ

選択肢って多すぎると選べなくなりますね。

もっとモデルを減らして、「これを選べば間違いない!」というのだけ自信たっぷりに出してもらえればそれを買います。迷っちゃうので。

でも今のところはこの「Kindpe paperwhite/マンガモデルじゃないやつ/キャンペーン情報つき/Wifi/ボディは白」というモデルで満足しております。

Kindle Paperwhite