持ち運び用に軽いサブノートが欲しいな〜と思い、ASUS のノートPC VivoBook E203NA を買いました。11インチ、900グラム、3万円前後のお手頃価格。必要十分、という感じでなかなかよいです。

ViboBook E203NA + Lubuntu

OS は Windows 10 がプリインストールされてたんですが、めっちゃ久々に Win 触ると使い方が全然思い出せず…… 設定画面とかって、こんなに複雑だったっけ…? ということで、Linux を入れて使うことにしました。(最初は Ubuntu for Windows を使ってみたいな〜とか思ってはいたのですが)

Ubuntu 16 と 17 を入れてみた

Linux のインストール自体はかんたん。iso ファイルをダウンロードして、USBメモリに rufus を使って書き込んで、そのUSBメモリからブートすればOK。ブート方法は E203NAの場合、 F2 で BIOS に入って F8、もしく ESC + F12 でもいけるっぽい。

ただ、手始めに Ubuntu 16 (LTS) を入れてみたところ、以下の不具合が……

  • 描画がかなり遅い
  • 内蔵 Wi-Fi が有効にならない
  • キーボードのマッピングが一部おかしい

うーん、ということで Ubuntu 17 を入れてみると、上記の不具合はしっかり解消。でもやはり全体的にちょっと重いので、軽量なものを再インストールすることにしました。

軽さを求めて Lubuntu 17.10 に落ち着いた

軽量 Linux にも色々種類があるそうで Ubuntu Mate, Xubuntu も試してみたけど、Ubuntu系ではいちばん軽そうな Lubuntu に落ち着きました。見た目は味気ない感じですが、まあそんなリッチな画面は求めてないし。重さはだいぶマシになってます。前述の Wi-Fi ほかのトラブルもなし。

や、自分の使い方だと、Linux でもあんまり困らないな〜。最初は Chromebook系でもいいかとか思ってたくらいで(ローカル開発環境にちょっと不安があったので、やめましたが)

  • ブラウザとターミナルとエディタがあれば、基本的なところはだいたい十分
  • Webアプリがいまどき充実している (Office系も Googleスプレッドシートとか使ってたし)
  • Mac で使っていたアプリの Linux 版も、けっこう提供されてる、Dropbox, Slack, VSCode, Spotify, Audacity...

という感じなので、ほぼ問題ないです。

つづく

Lubuntu カスタマイズ編に続きます。めんどくさがりなので、大した設定入れてませんが。